FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

東北地方太平洋沖地震について

この度の大地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

早いもので2011年3月11日から幾日も経ちました。
ここ東京では多少の不便を感じながらも、日常レベルの生活は送れていると思います。
東京であの地震を体験した私は、被災したという感覚はほとんど無く過ごしています。

自分が経験しないと、その惨さがぼやけてしまいます。
確かにテレビのニュースやインターネットのニュースを見ていると、その被害の凄さは分かります。
でも、被災された方の思いは計り知れないです。

大切な人を亡くした方。家を失った方。財産を失った方。そんな中、寒さや飢えに耐えている方。暖かい食べ物を食べたいでしょう。暖も欲しいでしょう。背中が痛くない場所で寝たいでしょう。風呂にも入りたいでしょう。
そんな事より、大切なものを返して欲しいと願うのかも知れないでしょう。

変わらない、変えられない事実と一生付き合う被災者。戻らない大切なものを失った方の哀しみ。
そんな中、これから復興にも向けなければいけません。

結局のところ、本人でないとこの苦しみは解りません。
想像を絶する世界が今、こうしている瞬間にも存在しているのです。


東京で生活している私なりに色々と考え行動してみたいと思います。
直接何かをする事は出来なそうなので、例えば、募金でもいいでしょうし、節電するでもいいでしょう。
被災地や被災者にとってマイナスの作用を減らす事が今の自分に直ぐにできる事です。そして、被災した方へ間接的にでもなにか足しになる事をしたいと思います。
私1人が出来る事は微々たる事かもしれませんが、それでももしかしたら被災された方へ少しでも役に立てたら。しかもその事により、1人でも多くの笑顔が見れるのなら嬉しい事と思います。


また、今回の大地震により数々の教訓が生まれていると思います。
その教訓を知る事。生かすことも大切だと思います。
天災は突然、無差別に襲ってくるもの。
危機の回避、そうなったしまった時の対処方法など、沢山の教訓を知る事が、被害を最小限に抑える事にもなると思います。
きっと、被災された方はそんな教訓を知って欲しいと望んでいるではないでしょうか。


今の私は色々な事を感じ、考え、そして自分が出来る事をして見たいと思います。

2011年3月27日 タク
スポンサーサイト
category
メッセージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。